監視カメラの選び方

まずは簡単に監視カメラの特性を理解する

監視カメラを設置することになったら予算的なものも気になりはしますが、監視カメラの構成について実のところ詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。撮影されていることだけはもちろん誰もが理解していると思います、ですが詳しい構成に付いては興味を示さないことには理解しようという人は、あまりいないでしょう。では監視カメラの構成としてはどのようになっているのが基本となっているのかについて、少し考察していこうと思います。

まず監視カメラの基本構成としては何パターンかの構成が存在しているので、簡単に話をしていこう。

1:カメラ1台のモニタシステム
カメラ1台に対して、モニター1台で同軸を結んで防犯する、基本中の基本防犯システム。このシステムでは映像を残す事はできない
2:カメラ1台で映像を記録するシステム
先に紹介した基本システムに、撮影したものを録画する機能を持った防犯システム。
3:分散防犯システム
カメラで撮影して映像を映像分配器で分配し、数箇所でモニタする防犯システム。
4:小規模集中防犯システム
10台以下のカメラを映像処理装置で処理した後、1台の記録装置で記録する防犯システム。中小商業施設などに見られる防犯システムと考えれば想像しやすいと思います。映像処理装置の中には複数台のカメラを1台のモニタを同時に表示する映像分割表示機能がついている物が多く見られる。
5:遠隔防犯システム
撮影した現場の映像や記録している映像を電話回線などを使用して、外部端末を使用することで何処にいても防犯することが出来るシステム。モニターに移してみることももちろん出来るが、その気になれば自宅パソコンを利用して防犯することも出来る。

どの防犯システムを導入するかによって異なる

上記5つの防犯システムを紹介しましたが、どの防犯システムを使用するかによって必要な機材などは異なってきます。あくまで自宅用にという場合ならカメラとモニターだけで十分という人もいるでしょう。ですが昨今の世情を見ていると単純にカメラだけを設置しているだけというところは少ないと考えた方がいいかもしれない。導入するならせめて記録装置も共に、そう考えるのではないでしょうか。ですが一般家庭用にと導入する監視カメラの種類について考えたとき、そこまで大げさな機能を搭載している家庭があるかどうかを考えたときに可能性としてはあるかもしれませんが、中流家庭クラスではそこまで敏感に防犯に万全を期すところも少ないのではないだろうか。

では少し監視カメラに使用されているカメラについて考えてみよう、カメラといっても種類はそれなりにある。カメラは24時間作動することになるため、夜間も撮影していたほうが良いと考えているのであれば、『暗視カメラ』や『デイナイトカメラ』を使用していると考えたほうが自然でしょう。商業施設ともなると、監視カメラそのものにセンサーが搭載されているものを導入していることが一般的ではないだろうか。もちろん普通の家でもセンサー付きの監視カメラを導入する分には問題ないだろう。

現在の防犯システムに使用されるカメラは主に上記のようなものだろうが、中には夜間などの明るい場所を撮影することはできない『カラーカメラ』と『モノクロカメラ』を使用しているところもあるかもしれません。後者2つは初期の機械警備の折に作られたものとして考えるとしても、前者3つについては一線で使用されている現役機と見て問題ないだろう。

夜中まで営業しているわけではない書店などではカラーカメラを使用しているかもしれないが、夜中に何も起きないという保障もないので現代では設置に適しているとは言えないだろう。

監視カメラを導入する上で気をつけなければならないこと

監視カメラなどの防犯システムを導入することである程度身の安全は確保できると思うことはできるかもしれません、ですが導入すれば良いというわけでもないんです。防犯システムを導入するということは、超長期間使用することになるシステムとなっている。飽きたから、最新の物が出来たからという理由で簡単に買い換えることが出来るわけではないのです。この点に関してきちんとした知識を持っていないといけないと専門家は述べています。

素人目線からすると新しいのが出たらそっちの方がいいのでは、そう思うのは当然です。そして最新鋭には最新鋭ならではの特性もありますが、そもそも監視カメラを導入する理由はあくまで防犯という一点に集約されていることを忘れてはいけないのです。防犯システムを導入して行く上で何を一番気をつけながら防犯システムを導入していけばいいのか、簡単に紹介していこう。

防犯システムを導入する上での注意事項

1:防犯機器の性能を把握すること
原点となる防犯機器の性能を持ち主がしっかりと把握していなければなりません。購入を希望しているメーカーが信用できるかどうかという点はもちろん、キチンとメンテナンスを行ってくれるかどうかという、購入後のアフターフォローがしっかりしているかどうかを確認しなければならない。
2:設置する際の技術がものを言う
防犯システムを導入するに当たってありがちなトラブルとしては、誤作動を起こしてしまうことだという。何故かというと、それは防犯システムを導入する人間が施工時にキチンと設置しているかどうかという、技術的な面で不足しているためにこのような事態になるというのです。特性を把握した上で、適切な設置をくれる業者やメーカーでないと信頼に足るところではないということだ。
3:購入後の販売会社やメーカーとの連結
上記2点をまとめた内容となりますが、購入後のアフターフォローなどを十分に行ってくれる、また設置する上で正しく誤作動を起こさないかどうか、導入に当たって適切な防犯に関する知識や対策等の質問に関して答えられるかどうか、という点にも気をつけなくてはなりません。つまりは信頼できるかどうか、やはりその1点が鍵となるようです。信頼できないメーカーに防犯システムを設置してもらうほど怖いものはないですし、良く選ぶ必要があるのかもしれません。

監視カメラから考える盗撮問題について